介護付有料老人ホームとは

###Site Name###

 介護付有料老人ホームとは、介護付有料老人ホームの施設内において施設の職員による、幅の広いサービスが受けられる老人ホームのことを指します。

サービスの内容は食事、清掃、身体介護、リハビリ、レクリエーションまでが含まれます。介護付有料老人ホームは民間の事業者によって運営される介護施設です。

大きく分けて「介護専用型」「混合型」「外部サービス利用型」の3つのサービスがあります。

Ameba News情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

「介護専用型」は要介護者を受け入れて施設内のスタッフが介護する施設のことです。

介護付有料老人ホームの情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

「混合型」とは、要介護者と健常者を受け入れて施設内のスタッフが介護する施設です。

「外部サービス利用型」とは、外部事業者による介護サービスを利用するものです。

介護付有料老人ホームのサービスは一律ではなく、受け入れる要介護者の要介護度の幅と提供するサービスの幅が広く、それぞれが施設によって違っているので、選択する際には注意が必要です。


メリットとしては設備が充実している、重度介護者でも住むことのできる施設がある、医療ケアに対応する施設が多いなどがあげられます。

デメリットとしては、費用がかかる施設が多い、外部利用型の施設では要介護度が高い場合には介護サービスの費用が割高になってしまうことなどがあげられます。

介護付有料老人ホームの入居には初期費用と月額利用料がかかってきます。

初期費用は0~数千万円、月額費用は12~30万円程度が相場となっています。

入所基準ですが、「混合型」には自立した人も受け入れる施設があり、「介護専用型」には認知症や寝たきりの人を受け入れる施設もあるなど、施設によって受け入れ基準は様々です。